ダメ人間カバカバ
ダメ人間のダメな仕事ぶりとか、ダメなお金の使い方とか、ダメな恋とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダーラと一緒にキャバクラ。
先週の僕って、本当に元気良かったです。
正確には、精一杯、元気なふりをしてました。
だって、しょんぼりしてると、
ガンダーラ(上司、ハゲ、えらそう、ヤな奴)が、
元気づけようと、釣りに誘ってくるから。

実際には、片想いの彼女に、
唐突に、他の女のコを紹介されて、
ああっ、ホントに脈なしなんだっ、って
メチャメチャ落ち込んでたんですけど......。

そのかいあって、ガンダーラは、
あれ以来、釣りに行こうとは言いません。

......疲れます。

疲れてるのに、仕事の後に、
ガンダーラと相手先の方と飲みに行くことに。
先方は2人。
魚がおいしい居酒屋で、
なごやかに、飲みました。

ガンダーラは、酒弱いけど、お酒の席は好きなんです。
で、ちょっと飲んだら、すぐ酔っ払って、
自分ばっかりしゃべるんです。
自分でしゃべって、自分で笑います。
店中に響き渡るガンダーラの引き笑い。

ヒーッヒッヒッヒ。ヒーッヒッヒッヒ。

先方もけっこう付き合いが長いんで、
ガンダーラの性格を知ってます。
で、2人で代わる代わるガンンダーラを
おだてるんです。

そりゃーもう、ガンダーラ上機嫌で、

「もう1軒、行きましょうっ!私がもちますから」

って、先方もニコニコしながら、

「では」

なんて言って、移動。

「おいっ、カバカバ、女のコのいる店知ってるか?」

「えーっと、あっ、案内所で聞いてきますっ!」

案内所へ。

「まいど~、外にいるハゲが喜びそうな店ある?」

って、聞いたら、

「こんばんは、あのハゲが喜びそうな店ですか?」

と、ノリのイイおにーちゃん。

「そう、あのバカが喜びそうなとこ」

あのバカだったら、こちらなどいかがでしょう?」

ろくに見もしないで、決定。

「うん、そこでイイよ、払うのあいつだからっ♪

で、別のおにーちゃんの案内で店へ。

店まで行く途中で、突然、先方の2人が、

「それでは、我々はここで......」

にこやかに、帰宅宣言。

まてーっ!おまえら、さっき、では、って言ったじゃんかっ
では、って......はぁっ?あほか?
おだてるだけおだてて、調子づかせて、さようならか?
まってーっ帰らないでー


......ガンダーラと2人でキャバクラへ。

ちょっと高いけど、キレイな店で、女のコも多い♪

でも、ガンダーラと一緒.....。

ボックスに座ると、すぐに女のコが、それぞれ隣に。
まぁ、ガンダーラのおごりだし、楽しむ時は楽しまないと!
と、思った矢先、ガンダーラが、大声でしゃべり出して、
自然、みんな、その話を聞かなきゃいけない状況に......。

響き渡るガンダーラの引き笑い。

ヒーッヒッヒッヒ。ヒーッヒッヒッヒ。

僕についてくれた、女のコが、
気を使ってくれて、隙をみて話しかけてくれます。

キレイだし、すっごいイイコだった。

でも、ちょっと話してると、ガンダーラが、

「おいっ、カバカバ、俺の話きいてるか?」

とか、言ってくるので、ぜんぜん楽しくなんいですね~。

でも、ガンダーラがお金払うんだし
しょうがないか、って。

でも、清算する時、

「お会計は、ご一緒ですか?」

って、聞かれたハゲが、普通に、

「別々で」

って、言ったんです。

えっ?!

って。


キィーーーーーーーーッ!
ムカツク
悔しーーーーーーーーィ!

僕についてくれてた女のコが、ギュッて、
手を握ってくれたんです。

いや~、ほんとにイイコでした。

で、ガンダーラと2人で駅へ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ダメ人間カバカバ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
<アクセス解析タグ ここから-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。